当サイトはタイにドはまりした大人のための情報サイトです。 ガイドマップには載っていない、ディープでナイスなタイ情報を発信してまいります。

吾輩は象である|ためになるタイ情報を随時更新します!

カテゴリー

エリア

おすすめ記事

スーパーで買える! 外さないお土産BEST10

もう迷わない。タイのオススメお土産ベスト20。

エロくない! パタヤオススメマッサージ

[おすすめ]パタヤでマッサージ。普通のマッサージに行きたい方向け

海外旅行を身近に! タイ行きオススメLCC

バンコク行きのベストLCCはコレ!効率的な探し方もご紹介

コスパ・アクセス抜群 バンコクマッサージ

【オススメ】コスパ・アクセス抜群!バンコクの駅チカマッサージ店7選

潜入!地元の人で賑わうアソークの巨大フードコート!

HOME > 潜入!地元の人で賑わうアソークの巨大フードコート!

潜入!地元の人で賑わうアソークの巨大フードコート!

「熱気ムンムン!知る人ぞ知るアソークの巨大フードコートに潜入してきた!」

こんにちは、まっちゃんです。
アソークといえば、高層ビルが立ち並びぶバンコク屈指のビジネス街です。 BTS駅近くのエクスチェンジタワーや、インターチェンジ21には多くの日系 企業がオフィスを構えています。

また、有名な歓楽街ストリートである「ソイ・カウボーイ」をはじめとして 多くの飲食店がひしめき合う「遊び」の面でも多くの人を魅了するスポットです。

そんなバンコクの中心地アソークに日本人がほとんどしらない、 地元の人が愛する巨大フードコートがあると聞きました。 早速行ってみたいと思います。

アソーク巨大フードコートの場所

アソークの巨大フードコートはBTSアソーク駅から徒歩15分、MRTスクンビット駅から は10分強程度それぞれスクンビットソイ21を北側に進んだところにあります。
MRTだとペッチャブリー駅から南下してもアクセス可能です。 「ミッドタウンアソーク MID TOWN ASOK」という商業施設ビルの横にあります。
徒歩で向かう場合はいずれの駅からもこの「ミッドタウンアソーク MID TOWN ASOK」を目指していきましょう。 ミッドタウンアソーク MID TOWN ASOKの看板が目印 「ミッドタウンアソーク MID TOWN ASOK」につきましたら、 隣接する北側の道を奥に進みます。BTSアソーク駅、MRTスクンビット駅からだと、 「ミッドタウンアソーク MID TOWN ASOK」を過ぎた場所を左折します。

そこに知る人ぞ知る巨大ローカルフードコートがあります。 「ミッドタウンアソーク MID TOWN ASOK」北側の道を奥へ 正直着くまではこんなオフィス街のど真ん中に巨大な敷地があるのかと半信半疑でしたが、 入ってみてそのスケールに驚きました。

巨大フードコートは大きく分けて3エリア

巨大フードコート入り口

ミッドタウンアソークとなりの道を奥まで進むと、入り口が見えます。 入り口から見える限りでもかなり広い敷地のようです。

屋根もあるので雨が降っても大丈夫。この日も今にも雨が降り出しそうな空模様でしたが濡れながらクイッティアオをすする心配はなさそうです。

入って手前は雑貨、衣服、食品売り場

まず屋根のある建物に入った入り口近くには、様々な生活雑貨を売る屋台が 並んでいます。衣服、靴、や食品から観葉植物やホビーに至るまで様々。 タイのナイトマーケットのと同じように色々なものが手に入りそうです。

敷地の奥には左右二つのフードコートエリア

敷地内を少し中に進むと、見えてきました。
タイのローカル屋台でよく目にする青いコーラのテーブル掛けが。

みるからにかなり広いです。席数を数えてみましたが、ざっと600席はありますね。
訪れたのはランチ前の10時半頃。まだ人はまばらです。

テーブルエリアを囲むように様々な飲食店の屋台が並んでいます。

これだけあると何を食べようか迷いますね!
とりあえず巡回してみましょう!

「いろんなオカズ!うまそ!」

「肉!うまそ!」

「シーフード!うまそ!」

色々見て回りましたが、 色んなオカズ屋台で頼んでみることにしました。

ま「いくらですか?」
店「オカズひとつ選ぶと30バーツ、二つ選ぶと40バーツだよ」
ま「じゃあこれくだい!」
店「あいよ、スープは自由にとってね」


ということで名もなき屋台でナマズのレッドカレーをチョイス。 少し多めにご飯にかけてもらいました。スープは無料でついてきます。

「こりゃ美味い!」

ナマズやコイなど川魚は臭みがあるイメージがありますが、 まったくそんなことはありません。カリっと素揚げされた淡白な 白身に、濃い味のカレーペーストが良く絡み、ご飯が何杯でも食べれそう。

ものの5分でペロリと完食してしまいました。 胃袋と相談してみたところ、もう一皿いけそうです。

お次は別の屋台でカオナーペを発注。45バーツ。

カオナーペとはアヒル煮込みご飯です。 とろとろに甘辛く煮込まれたアヒル肉とご飯の愛称は抜群。 タイに来たら毎回食べています。

二皿を完食しさすがに胃袋はパンパンです。 先ほどのナマズカレーと併せて75バーツ(230円程度)で お腹がはちきれるほどいっぱいになりました。満足満足。

ま「皿はどこに返せばいいカップ?」
店「真ん中のテーブルに置いておけばいいよ」
なるほど、中央には青いシートの掛かっていない返却用の テーブルがありました。食べ終わった皿やコップなどはこちらに返却すれば片づけてくれるようです。
ごちそうさまでした。

実はこの敷地内、フードコートエリアが2つあり、 今ご紹介した広さと同じようなスペースがもう一つあります。 つまり600×2で1000人以上が一度に食事をすることができるんです。

ざっくりと敷地内をイラスト化するとこのような感じになります。

フードコート①の方が若干屋台数が多い印象です。 時間があればどちらも一通り見てみるのが面白いかと思います。

そうこうしていると時間は11時半を回り、ちらほらと人が増え始めました。 12時前には8割程度の席が埋まるほどの盛況ぶりに。このあたりはオフィス街 ということもあり社員証をぶら下げたサラリーマンの方やOLさんが多いようです。 聞くところによると、このランチタイムで多くの店が品切れになってしまうそうで、 昼過ぎには営業を終了してしまう店が少なくないそうです。そのためこのフードコート は遅いランチや夕ご飯ではなく、「朝メシ」か「早めの昼メシ」目的で利用されることをお勧めします。

多くの屋台が6時~7時頃から営業しているそうです。

オシャレカフェで食後の一息

お腹が満たされたので、少し甘いものが欲しくなってきました。 敷地内にはカフェやタピオカミルクティー屋さんもたくさんありますので 食後のコーヒーブレイクにも困りません。 オシャレカフェでアイスラテ55バーツを注文。

タイのコーヒーはかなり甘いので、甘さ控えめ「ワーンニッノイ」 とオーダーすると丁度良い甘さのコーヒーが楽しめます。

アソーク巨大フードコートの基本情報

こちらは恐らくサラリーマンメインのため、土日はお休みとなりますのでご注意ください。 また、施設自体は19時ころまで営業していますが、多くの屋台がランチ以降売り切れてしまいますので 来られる際はお早めにお越しください。

営業時間 7時~19時(昼過ぎ以降は売り切れ注意)
営業日 月~金(土日休み)
住所 Asok Montri Rd, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
タイ名称 ตลาดรวมทรัพย์ อโศกมนตรี

まとめ

「来るなら朝か早めの昼ご飯で!」

アソークの巨大フードコートいかがでしたでしょうか。
バンコク有数のオフィス街アソークエリアに突如として現れる ローカル感満載のフードコートは是非訪れてほしい穴場スポットです。 屋台数も多く何度来ても新たな発見があるかと思います。

ページトップへ
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial