当サイトはタイにドはまりした大人のための情報サイトです。 ガイドマップには載っていない、ディープでナイスなタイ情報を発信してまいります。

吾輩は象である|ためになるタイ情報を随時更新します!

煌めく金色が美しい。「ベンジャロン焼き」はお土産に最適

HOME > 煌めく金色が美しい。「ベンジャロン焼き」はお土産に最適

煌めく金色が美しい。「ベンジャロン焼き」はお土産に最適

2017/12/24投稿 投稿者:まっちゃんまっちゃん 2018/01/27更新 お土産 情報

こんにちは、まっちゃんです。

タイに旅行に行くときに、マッサージやタイ料理と並んで、
買い物も大きなお楽しみポイントだと思います。
せっかくならタイオリジナルのそこでしか買えないものを手に入れたいですよね。
今回は煌びやかな装飾が美しい、タイの伝統的な焼き物「ベンジャロン焼き」をご紹介します。
大切な人へのプレゼントや自宅へのお土産に是非どうぞ。

ベンジャロン焼きとは

http://benjarong.net/のエレファントマグ

まずは、タイの焼き物の歴史に少し触れておきます。

タイ独自の焼き物文化が発展するのは14,15世紀頃のスコータイ王朝時代以降です。
それまではストーンウェアが主流で、芸術品や装飾品という位置づけではなく
あくまで、皿や保存用の器といった生活必需品としての役割をもってました。

しかし、スコータイ王朝後期には中国から陶工が招かれ、中国の手法を用いた陶磁器の
製造技術がタイに伝来しました。スコータイの芸術文化との融合もあり、その頃より
「生活品」としての焼き物ではなく「美術品」「装飾品」としての焼き物文化が浸透していきます。

スコータイから王朝がアユタヤに移管する16-17世紀には、白い陶磁器に顔料を用いて彩色する
技法が中国から伝わり、これが現在のベンジャロン焼きの基礎となります。
「ベンジャロン」という呼称は、古代サンスクリット語の5を表す「ベンジャ」と、
色という意味の「ロン(グ)」から来ています。5つの色というよりはカラフルな「多色塗」
というニュアンスでベンジャロンの名前が定着しました。

その後、タイの色である「ゴールド」が加わる

その後、およそ200年前のラーマ2世の時代に金による装飾技法が確立され、現在の様式に。
ベンジャロン焼きは一層煌びやかなものとなり王室専用の陶器として
生産されていくことになります。

その他のベンジャロン焼きのイメージ

セラドン焼きの確立もこのころ

もう一つ、タイの有名な焼き物、ペパーミントグリーンの美しい「セラドン焼き」が
確立されたのもスコータイ王朝時代のこと。セラドン焼きのバナナリーフ型の器は
ホテルやお土産屋で目にしたことがあるのではないでしょうか。

ベンジャロン焼きの買えるお店

ではそんなベンジャロン焼きが購入できるバンコクのお店をいくつかご紹介します。

タイ・イセキュウ


日本で窯業の原料や道具を扱う老舗「伊勢久」が手がけるベンジャロン焼き。
日本人オーナーのアイデアが光る蓋付きの湯呑み茶碗、抹茶茶碗、菓子鉢といった茶道具など、
タイのメーカーでは製作していないオリジナルの器が手に入ります。
絵付教室もやっていますので参加希望の方はお問い合わせを。[出典:amazing thailand様]

基本情報

名称 タイ・イセキュウ
名称(英) THAI ISEKYU
営業時間 9時から17時まで/日曜休
料金 タイのベンジャロンと茶道道具のコラボレーション、抹茶茶碗2000B、なつめ600B、、スプーン5本セット900B、タイの国花ゴールデンシャワー柄のティーセット5300B。工房で丁寧に絵付けされている、ブーゲンビリアを描いたビアカップ1800B。カード可
住所 1/16 Soi 10 Sukhumvit Rd
電話 02-2522-2509

お店の場所

BTSアソーク(Asok)駅とBTSナナ「Nana」駅のちょうど中間にあります。

サイアムセラミック・ハンドメイド


BTSアソーク駅からほど近いスクンビット通りに面した高級ベンジャロンショップ。
商品はどれも高級感のある精巧な食器セットがディスプレイされている。
シェードランプなどの装飾品もあり、置物的に楽しむことができるアイテムも多い。
千バーツ程の小物から数万バーツの高級食器セットまで、1ランク上のベンジャロン焼きが入手できる。[出典:Bangkok Navi様]

基本情報

住所 202 Sukhumvit Rd.,Klongtoey, Bangkok 10110
電話番号 02-633-3729
営業時間 10:30 – 23:00
休業日 年中無休
クレジットカード
ホームページ http://www.thaibenjarong.com/
アクセス BTSアソーク駅2番出口を降り、ナナ駅方向へ数百メートルすすむとスクンビットソイ12とソイ10の間の大通り沿いにある

お店の場所

ウィラワン・セラミック(チャトゥチャックウィークエンドマーケット内)

バンコク最大規模のマーケット、チャトゥチャックウィークエンドマーケットにもベンジャロン焼きの専門店があります。[出典:Bangkok Navi様]


この看板が目印

住所 Section17, Soi 8/2
電話番号 02-265-9273
営業時間 9:00 − 18:00
休業日 月 − 木
クレジットカード 可(プラス3%)
行き方 MRTチャトゥチャック駅、またはBTSモーチット駅よりウィークエンドマーケットへ入ったソイ8/2のセクション17

お店の場所

まずはお店があるチャトゥチャックマーケットの場所

下記マップの赤枠あたりにあります。

ジェージェー・ベンジャロン(チャトゥチャックウィークエンドマーケット内)

チャトゥチャックウィークエンドマーケット内ソイ6/1のセクション19にもう一軒ベンジャロン焼きの専門店があります。[出典:Bangkok Navi様]

この看板が目印


ここで、ビールが美味しくいただけそうなタンブラーを2つ購入しました。 一つ600バーツでしたが、交渉すると2個で900バーツにまけてくれました。

基本情報

住所 18-21, Section19, Soi 6/1
電話番号 081-904-7111
営業時間 10:00 – 18:00
休業日 月 − 木
クレジットカード 可(プラス3%)
ホームページ https://instagram.com/jjbenjarong/
行き方 MRTチャトゥチャック駅、またはBTSモーチット駅よりウィークエンドマーケットへ入ったソイ6/1のセクション19

お店の場所

下記マップの赤枠付近です。

まとめ

ベンジャロン焼きは陶器ですので、重量があり、安価ではないため大人数むけのバラマキには適しませんが、
マグや食器、タンブラーや置物等とてもゴージャスで美しくタイ土産にはぴったりだと思います。
帰りのトランクケースにまだ余裕があれば、是非お土産の候補として検討してみてください。

 

ブログランキング参加中です。
ためになった、面白かったという方はポチっとしてください

ページトップへ