当サイトはタイにドはまりした大人のための情報サイトです。 ガイドマップには載っていない、ディープでナイスなタイ情報を発信してまいります。

吾輩は象である|ためになるタイ情報を随時更新します!

タイ旅、なに着て楽しむ?

HOME > タイ旅、なに着て楽しむ?

タイ旅、なに着て楽しむ?

2017/11/12投稿 投稿者:しょこしょこ 2017/11/13更新 ファッション 生活

サワディカー!しょこです( ´∀`)
タイの楽しみ方は様々ですが、今回は「なにを着るか!?」という視点で記事を書いてみます。
旅先での服装選びは何かと気を使うもの。
疲れにくくて、動きやすい。パッキングしやすくて、着回しがきく。
で、まぁ汚れても惜しくない。
でも、かわいくておしゃれなもの!!
実用的かつテンションの上がるお気に入りの洋服で、タイ旅をもっと楽しもう(^O^)/

タイの天気

タイの気候は気温だけで見ると、年間通して日本の真夏か、それ以上の暑さに。
大きく分けると3つ。

3月~5月「暑気」
40度近くまで気温が上がることも。熱中症に注意です。
体温を下げる効果もあるトロピカルフルーツはこの時期に旬を迎えます。
めちゃめちゃ暑い日に食べるマンゴーやパッションフルーツはたまらなく美味しいです。

6月~10月「雨季」
どんよーり重い空の色をしている日が多く、遠くで雷が鳴ってると思ったらバケツをひっくり返したような スコールが30分から1時間降る場合もあります。
突然の土砂降りで、道路やマーケットの通路が冠水なんてことも。

11月~2月「乾季」
湿度も低くて朝晩は比較的涼しく、1年で最も過ごしやすい季節。
建物の中では冷房が強く感じることも。長袖があると安心です。

オススメしない例

では、本題です。
「なにを着るか」それを知るためには、「なにを着ないほうがいいのか」を知っておく必要があります。
恥を忍んで私のオススメしないコーディネートを紹介します。

その名も「タイ料理まいうースタイルinドンムアン空港」
食いしん坊ぽさを演出するオーバーオールにアジアンな麻袋。
人生初のタイに浮かれまくったコーディネート。
後悔はしていない。全然してない。ただ、ツッコミどろこがたくさんあるので、一緒に見ていきましょう。

オーバーオール
◎かわいい・楽ちん
△暑い・サイズ感が大きすぎる

麻の袋
◎かわいい・雰囲気ある
△生地薄い・中身すけてる・使いにくい・セキュリティ面ザル

エコバック
◎便利
△片手が塞がる

ゆるっとしたサイズ感が気に入って買った古着のオーバーオール。
スーツケースで場所とるわ、写真インパクト強くて着回ししないわ、トイレや雨上がりの道で裾が 汚れるわで手こずりました。
麻の袋はというと、人通りの多い細い路地で切られ、なんとサイフがなくなるという事態に。
巾着にサイフいれてたはずなんだけど…入ってなかったんだね、きっとね…うぅぅぅ_| ̄|◯ 帰国5時間前の悲劇。
そしてエコバックで涙の帰国。やっぱ便利。
同じ失敗を繰り返さないためにも! 2回目以降のタイ旅では1ヶ月前から毎晩毎晩、コーデを練りに練り、ようやく私なりのスタンダードに たどり着いたのです。

洋服編

まず、「汚れても良い」「もぅ最悪捨てても良い」くらい気持ちの整理がついたものを持っていきます。
そして、滞在日数より少なめに持っていく。
というのも、タイはかわいい洋服がお手頃価格で手に入るので、明日着るものをマーケットで選ぶという楽しみがあるのです!
パジャマだって、お土産用に買ったタイパンツと明日着るTシャツでいいかぁとなれば荷物が減らせます。

ようやく辿り着いた、しょこ’sルール
小さくたためるもの×薄手のもの×洗濯してもすぐ乾くナイロン製のもの
ワンピース×ロングスカート×ゆるっとしたパンツ×シンプルなショートボトムス
Tシャツ2~3枚×飛行機用のパーカー

バンコクの地下鉄やモノレール、デパート、タクシーは結構冷房で冷えているので、 冷え性の私には辛い時があります。なので、移動が多い日にはロングスカートやパンツで足が冷えないように気をつけます。

足元編

足元はとにかく歩きやすいものが良いです。
道が凸凹していたり、マーケットをひたする歩きまわったりするのでスニーカーがオススメ。
それでいてコーデに馴染むもの… と探し回った結果無印良品の撥水オーガニックコットンスニーカーにたどり着きました。

価格も2980円(税込)。いい感じ。ただ、白、かぁ…しろ…でもなんにでも合うわよね、白はね… ってことで、もともと撥水加工のされた靴ですが、防水防塵スプレーをして採用!
そしてビーチサンダルがあるとなお良いです。
雨が降りそうだなぁって日は持っていき、冠水しているところで履き替えるようにしました。
ビーチサンダルもかわいいデザインがたくさん売ってるので、現地調達オススメです。

カバン・小物編

カバンは何と言っても、セキュリティ面ですよ!中が透けてるとか! 簡単に切れるような素材は論外です!!ヽ(`Д´)ノ
てことで、街歩き用に容量8リットルの斜めがけと、2泊3日くらいで地方に行くとき用に 22リットルのリュックを持っていきます。リュックは小さくたためて、これまた便利。
どっちも黒で中は見えないし、ポケットがたくさんあるし、どんなカッコにもサラッと馴染んでくれて かなり使いやすいです。
ちなみにカバンの中身はというと
サイフ・パスポート・指差し会話帳・携帯電話・ipad・手ぬぐい・エコバック・ストール・ ウエットティッシュ・水ですね。すぐ乾くからタオルではなく手ぬぐい。
ストールは正直いらないかなぁ、と迷うのですが、でも冷えたらヤダしな…てことで カバンにくくりつけてます。
あとは日差し対策に麦わら帽子ですね。
日傘という手もあるのですが、片手が塞がるのが苦手なのと、あんまり日傘さしてる人を見かけないので 帽子をかぶってます。帽子の中にも手ぬぐいを仕込んで汗対策。

コーディネート例

ここで実際の写真を見てみましょう。

左上コーデは途中でビーチサンダルに履き替えた例ですね。
右下のコーデは、我ながら「まいうースタイル」への執着が感じられて気に入っております。( ̄ー ̄)
タイ旅後半は持って行った服を洗濯しつつ、買い足した服でまた違うコーディネートを楽しみました。

お気に入りの洋服なら旅がもっと楽しくなること間違い無し!
次はなにを着て行こうか今からワクワクなしょこでした。(*´∀`*)

 

ブログランキング参加中です。
ためになった、面白かったという方はポチっとしてください

ページトップへ