当サイトはタイにドはまりした大人のための情報サイトです。 ガイドマップには載っていない、ディープでナイスなタイ情報を発信してまいります。

吾輩は象である|ためになるタイ情報を随時更新します!

カテゴリー

エリア

おすすめ記事

スーパーで買える! 外さないお土産BEST10

これでもう迷わない。タイおすすめお土産ベスト10

エロくない! パタヤオススメマッサージ

[おすすめ]パタヤでマッサージ。普通のマッサージに行きたい方向け

海外旅行を身近に! タイ行きオススメLCC

バンコク行きのベストLCCはコレ!効率的な探し方もご紹介

コスパ・アクセス抜群 バンコクマッサージ

【オススメ】コスパ・アクセス抜群!バンコクの駅チカマッサージ店7選

【タイ語初心者必見】たった2冊の買うべき本と勉強方法

HOME > 【タイ語初心者必見】たった2冊の買うべき本と勉強方法

【タイ語初心者必見】たった2冊の買うべき本と勉強方法

2018/1/4投稿 投稿者:ゆっちゃん 2018/01/26更新 その他 生活

「タイ語の勉強したいけど、どの本買えば良いかわからない・・・。」

「基礎から応用。よく使う単語も覚えれる本を紹介するよ」

英語の語学本ほどではないですが、タイ語の本って多すぎますよね。
語学の本は安くないので、1500~3000円ほどしますよね。

ほとんどの本が旅行に使うレベルのタイ語で、よく使うタイ語と文法がさらっと書いてあるだけです。
旅行ならこれでも大丈夫ですが、残念ながら相手の話すことがほとんど理解出来ません

こちらが伝えたいことと簡単な受け答えのみが出来るようになります。

今回オススメする本は以下の方にオススメです。

  • タイに長期間滞在する方
  • タイ人ともっと仲良くなりたい方

タイ語はとっつきにくいかもしれませんが、意外と簡単です。
英語とタイ語どっちが難しい?とよく聞かれますが、英語の方が難しいと私は思います。

理由はまたのちほど

音声CD付きタイ語初心者にオススメの本

指差し会話帳などでちょこちょことつまんで勉強していた方にもオススメですし、これから初めて勉強する方にもオススメです。
日常生活で使うレベルの会話が可能になります

基本の文法やよく使う単語。発音などが勉強出来ます。

タイ語初心者がはじめに諦めてしまうポイント

それは発音です。タイ語には母音・子音・声調があり、聞き取りが少し難しいです。
そのためタイ語レッスン1では、はじめに発音の違いを繰り返し勉強します。
CDがついているので、なんども聞き直し、実際発音して覚えるのが良いでしょう。

特に難しいのが、声調です。声調がパターンは5パターンあり、声調によって同じ言葉が違う意味をなすことがあります。

日本語でいうと「雨や飴、橋、端、箸」ですね。

この本の良さは、音声CDがついているところとシチュエーション毎にイラストがあるので、想像しながら勉強できるというところ。
文法の基礎やよく使う単語などもあるので、効率よく勉強出来ます。

2年ほど利用していた、オンラインタイ語レッスンでもこちらの教材を使って勉強していましたし、他にもタイ語の本を10冊ほど買いましたがこのレベルの本はありませんでした。
タイ語検定が受けれるレベルの教科書、この本2冊覚えれれば日常生活が可能です。

■関連記事
>>【比較】オンラインタイ語スクールで2年間勉強した自分がオススメするオンラインスクール

ここでいう日常生活とは、タイ語で買い物や病院、マンションの契約なども可能なレベルです。
タイ人との恋愛も可能でしょう。

それくらい基礎がしっかりした内容が書かれています。
ちなみに単語はそこまで多くないので別で覚えないといけません。
単語帳なんかも買うのがいいかと思います。

これ以上ないくらい効率的なタイ語の勉強方法

この覚え方はどの言語でも共通です。
いくら本を読んでもなかなか身につきません。
理由は、「日常的に使わない。使わないから意味がないと思ってしまう」です。

英語の勉強もしてたんですが、日本ではまったく必要としないので、どうにも身が入らないんですよね。
タイ語なんて絶対に使わないですしね。

そこで私の場合は、オンラインタイ語教室と現地で仲良くなった子と会話する事にしました。

単語+文法+RPG

RPGってのはようは使って慣れろってことです。

タイ語レッスンの使い方は、

  • 1.まず発音をきいて覚える。
  • 2.単語を覚える
  • 3.文法を覚える
  • 4.単語と文法で文章を作ってみる
  • 5.実際に会話してみる(オンラインタイ語教室を使う)
  • 6.1~5を繰り返し、覚えたらタイに行く

基本はこれの繰り返しです。
単語覚えるのって苦なんですが、覚えるしかありません。

残念ながら単語を覚えないと会話が出来ませんが、逆にいえば単語を覚えると会話が出来ます。

英語はよく見かけますが、タイ語は日本に住んでるとまず見かけません。
なので、なかなか覚えるのが大変なのですが、ここは頑張るしかないですね。

文法はかなり簡単なので、特に気になりませんでした。
覚えた単語と文法で文章を作ってみます。最初は短文で良いかと思います。

1~5でちょっと話せるようになったら実際使ってみましょう。

「タイの人とどこで会話するの?」

「屋台とか、タイマッサージ、バーなんか行くと会話出来るよ」

よく言うじゃないですか。「習うより慣れろ

会話のハードルを自分であげてませんか?会話は簡単なものです。

言語でのコミュニケーションは3割と言われています。
伝える意思があれば伝わるものです。私もなんとなーく伝えたいことをボディランゲージとか、本見ながらとかやってたら伝わるようになってきました。

■関連記事
>>【比較】オンラインタイ語スクールで2年間勉強した自分がオススメするオンラインスクール

タイ語を話せるようになったら文字を練習してみよう

 

ブログランキング参加中です。
ためになった、面白かったという方はポチっとしてください

ページトップへ