当サイトはタイにドはまりした大人のための情報サイトです。 ガイドマップには載っていない、ディープでナイスなタイ情報を発信してまいります。

吾輩は象である|ためになるタイ情報を随時更新します!

カテゴリー

エリア

おすすめ記事

スーパーで買える! 外さないお土産BEST10

【厳選】これでもう迷わない。タイのおすすめお土産ベスト15。

エロくない! パタヤオススメマッサージ

[おすすめ]パタヤでマッサージ。普通のマッサージに行きたい方向け

海外旅行を身近に! タイ行きオススメLCC

バンコク行きのベストLCCはコレ!効率的な探し方もご紹介

コスパ・アクセス抜群 バンコクマッサージ

【オススメ】コスパ・アクセス抜群!バンコクの駅チカマッサージ店7選

バンコクから王室リゾートホアヒンへの行き方

HOME > バンコクから王室リゾートホアヒンへの行き方

バンコクから王室リゾートホアヒンへの行き方

2017/10/21投稿 投稿者:まっちゃんまっちゃん 2018/06/10更新 バンコク ホアヒン 観光 郊外

こんにちは、まっちゃんです。
今回はバンコクからホアヒンへの行き方をご紹介します。
ホアヒンって何?という方のために、まずはホアヒンのご紹介を。

ホアヒンって?

ホアヒンはバンコクから南へ200kmの場所、タイ湾を挟んでパタヤの対岸に位置するプラチュアッブキリカン県(長い)にある ビーチリゾートです。古くから王室のリゾート地として整備されたホアヒンは、パタヤやプーケット島のような賑わい のあるビーチリゾートと違い、格調高い雰囲気が漂う静かなリゾート地です。ガイドブック等には「ホアヒン」と記載が ありますが、発音的には「フワヒン」に近いです。

ホアヒン駅を中心に、ナイトマーケットやショッピングモールも多く、ビーチだけでなく様々な楽しみ方ができるのも ホアヒンの魅力だと思います。

↑ホアヒンビーチ名物の乗馬トレッキング。お値段約15分200バーツ。旅の思い出にどうですか?

バンコクからホアヒンへの行き方

さて、バンコクからホアヒンへのアクセスですがについてですが。 他のブログの過去の記事ではBTS戦勝記念塔駅の近くから「ロットゥ」が出ている旨の記載が多く見受けられますが、 現時点では(2017年秋時点)誤りです。2016年に戦勝記念塔付近の交通渋滞緩和のため、ロットゥ乗り場は遠距離バスターミナル へと移設となりました。

ホアヒン行きバスターミナルへの行き方

では、ホアヒン行のロットゥが出ているバスターミナルへの行き方についてご案内します。
バンコクには目的地の方角別に4つの長距離バスターミナルがあります。ホアヒン行きの「ロットゥ」が出ているのは「北バスターミナルです」。 タイ語で「モーチットマイ」と呼びます。

東行きバスターミナル「エカマイ」はBTSエカマイ駅のすぐそばでアクセスがし易いのですが、その他の 北、南、西バスターミナルはバンコク中心部から離れており、タクシーでの移動をお勧めします。北バスターミナルへは アソーク駅付近からの乗車で時間にして40分程度、料金は180バーツ程度です。

他のサイトでは南バスターミナル「サーイタイマイ」からもホアヒン行のロットゥが出ているとの情報がありましたが、 現地のタクシー運ちゃんは「北ターミナルだ」とのことなので運ちゃんを信じ今回は北バスターミナルからホアヒンへ向かいました。

<北バスターミナルご紹介>
北バスターミナルはモーチットマイと呼ばれ、タイの北部であるチェンマイ、チェンライ、および東北部であるイサーン地方などへ行く長距離バスが主に発着している他、国際バスも出ているバスターミナルです。タイ主要地域へのバスが多く出ていることからその規模もたいへん大きく、その広さからターミナル内を移動するだけでも結構時間がかかります。場1階は北部行きのチケット売り場と待合所で、3階が東北部行きのチケット売り場と待合所となっています。2階は事務所のみです。

ホアヒン行のチケットを買う

バスターミナルに着いたら館内1階中央にあるインフォメーションで、チケット売り場の場所を聞きましょう。 2017年10月時点では「16番窓口」にて販売されていました。
※ちなみに売り場には「Huahin」の文字はありません。16番窓口でもHuahinとは記載がありませんでした。そのため、インフォメーションで聞いてみるのが無難かと思います。

館内1階インフォーメーション

小さいですがオレンジのカウンター真ん中が16番窓口です。料金は120バーツです。
ロットゥが普通のバスと違うのは出発に定刻がないということです。ロットゥは乗り合いバスなので人が集まらないと出発しません。 その分正確な時間が読みにくいのが少し難点でしょうか。。。

チケット入手後は目の前のベンチでただ座って待ちます。ホアヒン行ロットゥの都合がつくと、窓口の人が「フアヒン!フアヒン」と 叫びますのでその声を逃さないようにしてください。聞き逃すと永遠に乗れません。。笑。この日は45分も待つことになりました。

ではロットゥに乗り込み出発です。乗車時間はおよそ3時間です。この日の運ちゃんは若いニーチャンでしたが、 ものすごいスピードで飛ばしてくれたので2時間半程で到着しました。天候は残念ながら雨、豪雨の中手に汗握るスリルドライブを満喫しました。

バスは上の地図の場所に停まります。若干中心地から距離がありますが、歩ける距離です。 ホアヒンナイトマーケット、ホアヒン駅まで徒歩約25~30分。散策しながらホアヒンの街の景観を楽しむのはいかがでしょうか。

今回宿泊したホテルがとても綺麗でよかったです。 こちらもお時間あれば見てみてください。

20分ほどあるくとホアヒン駅に到着

バスターミナル到着後20分ほどあるくと、国鉄「ホアヒン」駅に到着しました。
タイの国鉄駅でももっとも古い駅の一つだそうで、ラーマ6世の時代(西暦1900年頃)に建てられた王室専用の待合室があります。
残念ながら一般人は入室できませんが、すぐ傍までは近づくことができ人気の写真スポットになっています。

駅前には古い列車が展示してあります。

時刻表です。鉄道の本数はあまりありません。

列車がきましたよー。これはバンコク行の特急列車です。
この列車でペッチャブリーに移動します。

ホアヒンバス乗り場付近にこじゃれたカフェを発見

先ほどのバンコクからホアヒン到着後、海が見たくなったので目の前の道をビーチ側に歩いていくととてもこじゃれたカフェを発見しました。

ホアヒンバスターミナルの目の前の道を海手に進むと、交差点を右に曲がったスグにこの異様な施設が目に留まります。 その奥にカフェがあります。麻布や代官山にありそうな。なんともオシャレなカフェです。

コーヒー80B、バナナトースト100B。どちらも移動で疲れたカラダに染み渡るウマー(*´∀`*)でした。 Tシャツや小物なども売っており、どれも欲しくなるような可愛いデザインでした。

ゲットしたTシャツはこちらです。「chill out」は落ち着いての他にぶらぶらするという意味もあるようです。
ホアヒンの観光名所が描かれていて可愛いですね。

カフェの場所はコチラ↓です。バンコクからのロットゥ移動の際は是非お立ち寄りください。

 

ブログランキング参加中です。
ためになった、面白かったという方はポチっとしてください

ページトップへ