吾輩は象である|ためになるタイ情報を随時更新します!

【激甘】タイでコーヒーを買うときの注文方法と注意点

HOME > 【激甘】タイでコーヒーを買うときの注文方法と注意点

【激甘】タイでコーヒーを買うときの注文方法と注意点

2018/1/28投稿 投稿者:まっちゃんまっちゃん グルメ ,情報

こんにちは、まっちゃんです。

いま日本は絶賛真冬真っただ中(しかも半世紀ぶりの寒波到来)ですが、タイは常夏、大体が30度超えの熱帯の国です。 そんな時に無性に飲みたくなるのがアイスコーヒー。私もタイに行くと一日一杯は必ずつめたーいアイスコーヒーを飲んでいます。(というか日本でも飲んでるか。。)

今回はタイでコーヒーを買う際の注意点と注文の時な簡単なタイ語の例文をまとめてみました。 タイでコーヒーを注文するときの参考になれば幸いです。

よく見かける街のコーヒー屋台で注文する場合

タイの街中を散歩しているといたるところに簡易的なコーヒー屋台を見かけます。
まれに日本語表記や英語表記のあるお店もありますが、大体がタイ語オンリーです。
タイ語でのコーヒーのつづりは

「กาแฟ」です。

看板にこの文字があればコーヒー屋台です。(外観見ればわかるよ!と言われればその通りですが。。)

注文するときのタイ語

タイ語でコーヒーをオーダーするときも普通に「コーヒー」でギリギリ通じます。タイ風にいうと「ガーフェー」の方が発音は近いです。
ホットの場合は「ローン(ร้อน)」、アイスの場合は「イェーン(เย็น)」をつけます。

■ホットコーヒー
発音:ガーフェー・ローン
タイ語:กาแฟร้อน

■アイスコーヒー
発音:ガーフェー・イェーン
タイ語:กาแฟเย็น

シンプルに激甘。甘さをオーダーしよう。

このような屋台のコーヒショップで普通にコーヒーを注文すると、びっくりするぐらい激甘のコーヒーが出てきます。 甘党を自称する方もちょっと引くくらいの甘さです。タイに限らず、年中暑い東南アジアの国々では飲み物は基本的に甘いですよね。 そこで甘さ控えめや、無糖をオーダーしたいときの用例をご紹介します。

■甘さ控えめで
発音:「ワーン・ニッノイ」
タイ語:หวานนิดหน่อย
※ワーン=甘い、ニッノイ=ほんの少し

■無糖(甘さ無しで)
発音:「マイ・サイ・ナムターン」
タイ語:ม่ใส่น้ำตาล
※ナムターン=砂糖、マイサイ=入れない

なんですが、いつも屋台でワーン・ニッノイ(甘さ控えめ)をオーダーしても結構甘いものが出てくる(例えるならコンビニのコーヒー牛乳くらい)ことがしばしば。。無糖とオーダーも少し甘かったり。。 甘さ控えめでオーダーしたものが自分にちょうどいいかは保証できないです。

この辺は「コーヒーは甘い方が美味しいんだからちょっと甘さ入れたろ!」というタイ人のおせっかい、好意と受け取ることで無理やり納得しています。

タイコーヒーの種類について

タイのコーヒー屋台には大きく分けて2つの種類あります。オーリアンとコーヒーです。

オーリアンはタイコーヒーとも呼ばれ、コーヒー豆の他に焙煎した穀類を混ぜてドリップしたものです。タイ語で書くと「โอเลี้ยง」です。厳密にいうと純粋なコーヒーではないのですがタイ語の本には「アイスコーヒー=オーリアン」と書かれていることもあります。
また、屋台で「アイスコーヒー」を頼んでも出てくるものは「オーリアン」であることもあります。でも甘くて美味しいですよ。

オーリアンはコーヒー+穀物のブレンド

スーパーでも手軽に変えるオーリアン

え?オーリアンってそもそも何?
オーリアンはコーヒーにタマリンドや穀物などを混ぜたブレンドコーヒーです。暖かいオーリアンはなく、アイスしかありません。 また無糖のオーリアンの概念もないので基本的にオーリアンは冷たくて甘く、ミルクが入った飲み物になります。 屋台ではオーダー時に、ガムシロップや練乳が大量に投入されますので前述した甘さ控えめ用語を連発してください

ちゃんとした街中カフェはコーヒーが出ます。

タイで一番の店舗数を誇る「カフェアマゾン(Cafe Amazon)」

タイにも日本のスターバックスコーヒーや、エクセルシオール的なカフェはたくさんあります。 そこでの注文方法は日本と同じです。ドリンクの種類や大きさ、店内かテイクアウトなどをオーダーしてください。 アイスコーヒーを頼んだのに、オーリアンだった!ということもありません。いや、オーリアンも美味しいです。

まとめ

タイではそこかしこにコーヒー屋台がありますので是非一度は屋台コーヒーを味わっていただければと思います。 その際に甘さが苦手な方は甘さ控えめや無糖をオーダーしてください。冷たいアイスコーヒーを片手に、優雅にタイ観光を楽しみましょう。

 

ブログランキング参加中です。
ためになった、面白かったという方はポチっとしてください

ページトップへ